重要なお知らせエリアを非表示

スポーツ機器開発『HANG(ハング)』

イノベーション拠点「Garage Minato」の 第1号ベンチャー企業として

株式会社ハング(スポーツ機器開発『HANG(ハング)』)は、
大阪市港区にある世界のものづくりイノベーションを支える開発拠点「Garage Minato(ガレージミナト)」の第1号ベンチャー企業として誕生しました。

この場に、日本の野球機器の課題を持ち込んだことが設立のきっかけです。
「海外の野球機器は時代に応じて変化しているが日本の野球機器は変わらない。野球は進化しているのに…」

多くの野球チームは、海外から優れた野球機器を輸入して使っていますが、故障、部品の交換にコストがかかる。海外の製品なので品質にも問題が…、それは仕方のないことでした。

大阪市港区の町工場が集う「Garage Minato」なら、メイドインジャパンの品質で、日本の野球機器を世界へ届けられる。そして【ものづくり企業7社と22人のチーム】による開発プロジェクトがスタート。

最初に取りかかったのは、バッティングのティースタンドでした。

大阪の少年野球チーム『大阪堀江ボーイズ』、プロ野球チーム『堺シュライクス』、
株式会社ハング代表弓場直樹がオーナーをつとめる『関西硬式野球団HANG』など、
多数のチームにプロトタイプを使ってもらい改良を続けてきました。

野球の楽しさ、ホームランを打つ喜び、子どもから大人まで多くの方に味わって欲しい。
町工場の技術で世界は変えられる。そんな思いをカタチにしたのが、
ホームランバッターを育成するバッティングティ『サクゴエ(SAKUGOE)』。です。

大阪のものづくり企業の技術とHANGの思いから生まれたバッティングティ。
この製品は、きっと多くの方々の野球人生を大逆転へとつなげていくはずです。

【会社概要】株式会社ハング

Mapを非表示