重要なお知らせエリアを非表示

スポーツ機器開発『HANG(ハング)』

【予約注文受付中!】〈学生応援!〉サクゴエ ver7.1/月々1,980円(送料無料):分割購入

¥ 1,980

【次回入荷[1月末〜2月上旬]予定】
ゴムの取り替えがよりスムーズに進化!『サクゴエ PUT式(ver.7.1)』

※予約注文いただいていた方を優先に、順次発送いたします。

【学生応援!】自主トレをもっと効率的に。
今なら、新発売の〈サクゴエ ver7.1〉が、月々1,980円(送料無料)で手に入ります。

—————————————————
お問い合わせは…
TEL:080-3770-0826(弓場まで)
—————————————————

※この商品は定期便です。毎月1回、全12回のお届け予定です。

※価格は1回分の価格になります。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料無料

    全国一律 0円

※この商品は海外への発送は行なえません。

SAKUGOE/サクゴエ 〈パーツ名〉

下記パーツは、取り外し(取り替え)が可能です。

これまで工具が必要だった「ゴム部分の取り替え」が
工具ナシでもスムーズに取り替えられるようになりました。

そしてさらに、ゴム部分の耐久性をより強化。

思う存分、ティーバッティングで
トレーニングしていただけます。

予約注文いただいていた方を優先に、
順次発送いたします。

【期間限定】特別キャンペーン!
+++++++++++++++
【1年間】取り替え用ゴム無料
+++++++++++++++

大阪の町工場が集う「Garage Minato(ガレージミナト)」のプロジェクトから開発された、これまでになかった新感覚のバッティングティ『サクゴエ PUT式』。

2019年の販売開始以来、多くの方にご使用いただき、
改良を続けてまいりました。

使用シーンの動画

従来の特徴は、しっかりとキープして
より使いやすくなるように進化しました。
—————————————————
◎置いたボールが見やすいクリアなティー部分
→だから、ボールの下を打てる!

◎ゴム部分を打っても元にもどってくる設計
→だから、効率よく打撃練習ができる!

◎小学生から大人まで使える高さ可動領域(70〜115cm)
→だから、苦手なコースを克服できる!

◆さらに、

☆ボールを乗せる部分(球座)の安定性を向上。
☆ゴム部分の取付けを、工具ナシでできる【ねじ込み式】に。
☆ゴム部分に掛かる負荷を抑え、より耐久性を強化。
☆ネジ部分の強度をアップ!(ver.6=ネジ:8mm → ver7.1=ネジ10mm)

◆朝日新聞社youtubeで使用シーンを公開中!
https://www.youtube.com/watch?v=kVzwV-gzl8g

★〈定期便のシステムを使用しています〉サクゴエは、注文いただいた最初の月に送付(納品)。残りの11ヶ月は料金のみお支払いをしていただきます。
※購入例/1,980円×12ヶ月=合計23,760円


◆ サイズ:板面/約300mm×300mm
◆ 高さ:640〜970mm
◆ 重量:約4.6kg
◆ 材質: 鉄、ウレタンゴム
◆ 生産国:日本

Related Items関連商品
  • 【予約注文受付中!】ゴムの取り替えがよりスムーズに進化!『サクゴエ PUT式〈ver7.1〉』
    ¥ 19,800
  • 【予約注文受付中!】/ver.1〜4をお使いの方へ:今なら、お得にバージョンアップできます![ver7.1/ゴム&オモリのセット]
    ¥ 1,980
  • 【予約注文受付中!】高めのコースを練習する〈中間パイプ〉パーツ販売!
    ¥ 2,800

ショップの評価

  • 【再入荷!】ゴムの取り替えがよりスムーズに進化!『サクゴエ PUT式(ver.6)』

    【再入荷!】ゴムの取り替えがよりスムーズに進化!『サクゴエ PUT式(ver.6)』

    とても迅速な対応で、ギリギリだった子供の誕生日プレゼントに間に合いました。 サプライズだったので、とても喜んでくれて嬉しかったです。 ありがとうございました。

  • ホームランバッターを育てるバッティングティ『サクゴエ PUT式(ver.5)』

    ホームランバッターを育てるバッティングティ『サクゴエ PUT式(ver.5)』

    某スポーツショップのティを使用していました。ゴム製の物は打つとボールを置く先が斜めになっていましたが、サクゴエは斜めになったりしません。ボールも置きやすく打ちやすくなりました。

    嬉しいお言葉ありがとうございます。まだまだ課題がありますが、更なる開発を進めてもっと良いものを作っていきます。